意外と使える

コンテナ

用途について

コンテナは、内部に物を納めるための容器のことですが、貨物の分野でも使われています。コンテナは大量の物資を輸送するさいに使われるものでバラ積みのさいには貨車やトラックの荷台に積み込みという作業を行わなければなりませんが、コンテナの中に運びたいものを収納すれば貨車やトラックへの積み込みという作業を行わなくても済み発送先から到着先までダイレクトに物が送れます。また容器となっていますのでそのままの状態で保管することが可能です。このためコンテナは長距離輸送の分野で広く使われています。コンテナは金属で出来ているのが一般的で規格化されています。規格は国際標準規格であるISOによって定められた国際海上貨物用コンテナと、国内で使われていた鉄道貨物用コンテナがあります。前者は船に載せることを前提としており大型で国内の公道を走行するにはやや制約がありますが、後者は国内でのトラック輸送を前提としているため公道の走行が可能です。このようなコンテナは輸送分野だけでなく販売もされています。多くは中古品での販売です。販売目的の多くは倉庫として使うことを前提としていますが、中には改装したもの販売されています。改装されたものとしては店舗や事務所、また住宅用に使われるものです。また部屋を作りそれぞれの入口にシャッターを付けることでトランクルームとしてすぐに使えるものも存在しています。コンテナは金属で作られているので非常に堅牢に出来ており、さまざまな分野で使うことが可能です。

Copyright© 2018 会社の物品管理にはトランクルームを活用【防犯設備が重要】 All Rights Reserved.