商品や原料保管の基礎知識

倉庫

物件探しのコツ

自社で倉庫を建設して所有する、製造や流通関連の企業もありますが、維持管理のコストが高額になるのが大きな悩みです。しかし需要の変化に合わせて上手に物流倉庫を借りると、メンテナンスコストや梱包作業の人件費も減らせるでしょう。工場や顧客に近い場所に、物流倉庫を確保することも重要ですが、輸送を重視して港湾施設の近くで物件を探す事例も多いです。様々な物流倉庫の物件情報を提供する不動産会社に相談すると、個別の企業に合った活用法を提案してくれるでしょう。取引先にスピーディーに商品などを配送したいときには、賃料が割高であっても、都市部で倉庫を借りるのが理想的です。都市部に倉庫を確保すると、取引先の注文にも迅速に対応できるので、商品や原材料の在庫を最小限に抑えられるメリットも大きいです。スーパーのように食品を販売する企業が都市部の倉庫に強い興味を持っており、とりわけ冷蔵や冷凍の設備が完備しているハイグレードな物件が評判です。一方でネット通販関連企業の場合には、物流倉庫内で商品仕分けや梱包などの各種加工をする必要があり、面積の広い物件への需要が大きいです。坪当たりの家賃が割安な郊外エリアには、一棟貸しも可能な大型倉庫が多数あるので、使いやすい物件もすぐに見つかるでしょう。エレベーター付きの物件を希望する製造関連企業もありますが、フォークリフトを使って作業を行う会社に人気があるのは、平屋建ての倉庫です。

Copyright© 2018 会社の物品管理にはトランクルームを活用【防犯設備が重要】 All Rights Reserved.