スペース確保について

トランクルーム

企業において物を一時的に保管したい場合などに利用できるサービスとして、トランクルームの活用がある。トランクルームでは、比較的低料金で利用でき、不要となった場合には解約するなど手軽に利用できることなどから人気が高い。

詳しく見る

意外と使える

コンテナ

コンテナは物を運ぶさいに使われるものです。この輸送用の用途のほか中古品としても販売されています。中古で販売されているものは倉庫のほか内部を改装して店舗や事務所としても使うことができます。またそのままでも堅牢な倉庫として使うことができます。

詳しく見る

商品や原料保管の基礎知識

倉庫

事業内容に合わせて入居先を探すことが、物流倉庫を借りる場合の基本であり、賃料が割安な郊外の平屋建ての物件も好評です。取引先に近い都市部の倉庫も注目度が高く、冷凍や冷蔵の設備が完備している物件は、スーパーなどの流通系企業にも最適です。

詳しく見る

収納スペースを利用

女性

会社に収納スペースが少なくて、なかなか会社内がうまく片付かない場合はトランクルームを借りましょう。トランクルームは地方の方が地価が安いので、安価で借りることができます。直接トランクルームを運営している会社に申し込みしましょう。

詳しく見る

借りるときには

トランクルーム

屋外型トランクルームは料金が安く、屋内型はセキュリティと保管状態良いというメリットがあります。何を重視したいかを決めて預けるところを選びましょう。また、荷物を預けるときは梱包をしてトランクルームに預けるようにしましょう。

詳しく見る

収納を考えよう

トランクルーム

法人契約に必要なものとは

会社の規模や業務が拡大すればそれに伴い書類やモノも増えていきます。社内で保管するにも限界があります。乱雑に保管しておくと重要な書類を失くしてしまうことだってあります。そこでトランクルームに保管を考えてみてはいかがでしょうか。法人向けのトランクルームを専門に扱っている会社もあります。法人の場合はトランクルームには直ぐには使わない書類をはじめ、最近は災害用の備蓄品を保管しているところもあります。トランクルームは何を保管するかによってタイプを選ぶことが大切です。例えば契約書や会社の重要な書類などは温度や湿度も注意する必要があります。また備品や空調に影響されないものは屋外のトランクルームを利用するのも良いでしょう。トランクルームを選ぶポイントとして荷物の運び入れ・運び出しも問題になります。大手のトランクルームであればインターネットで入出庫手続きをすれば、業者があとは運搬をしてくれます。そうでない場合は、自分で車を手配する必要があります。その際に駐車スペースが完備されている方が運ぶにも便利です。また24時間出し入れが可能かどうかも調べておきましょう。次にトランクルームに必要なことは防犯設備が重要です。防犯カメラはもとより、警備会社が24時間体制で巡回警備をして、人の出入りをチェックしているかどうかも確認しましょう。できれば個人用と併設しているトランクルームではなく、法人専門の方が管理体制は万全であり、サポートもしてくれます。

Copyright© 2018 会社の物品管理にはトランクルームを活用【防犯設備が重要】 All Rights Reserved.